日経新聞さんに取り上げている記事、ライブコマースで中国ビジネス

新型コロナウイルスの大変時期に、日本の観光情報、商品情報をライブコマースの形で中国視聴者に届けたい

2020.7.6  
「日経」日本から生中継、中国ライブコマース、コロナ避け続々

ネットの生中継で商品を売る中国流の「ライブコマース」が日本でも胎動している。日本の撮影現場からライブ配信を通じ、化粧品や日用品などを中国の消費者に直接売り込む仕組みだ。

2020.7.3  
俳優矢野浩二さんと協力し、中国にマスクを13万枚寄付させて頂きました。

今回のコロナウイルス 問題を受け、中国および日本でも活躍されている俳優の矢野浩二さん、そして矢野さんがイメージ …

2020.2.20  
中国ショートムービーは好機到来

この文章のまとめ 中国ショートムービーは成長期前夜で今が参入のタイミング スマホ4G・5GやAIなど技術進化が …

2020.1.27  
Weibo、Wechat、RED?いやいや、ショートムービーでしょう

中国経済の発展は日本のニュースにもある通り、中国はユニークなポジショニングを取り、中国国内市場を抑えたプラットフォームを中心に例を見ない発展を納めている。先進国との差も徐々に追いつき追い越し、「衣食住足りて礼節知る」とはよく言ったもので、日本の方々は実感が無いかもしれないが、実は経済発展に伴い中国国内ではマナーも非常に良くなってきている。ここに来て中国国内でもようやく名実ともに先進国の仲間入りしてきた、という声もちらほら出はじめたのも理解できる。

2019.12.30  
中国のダブルイレブン(11月11日)は本当に“おいしい”イベントなのか? ~データの裏にある市井の声~

日本においても「1日で6兆円の売上を上げた」とニュースにもなった、毎年11月11日に開催される一大Eコマースイベント「ダブルイレブン(以下W11)」。一見すると、毎年各Eコマースプラットフォームから発表される累計流通総額の大きさは日本でもニュースとなっているが、中国国内ではW11は出品者・消費者双方にとって本当に「おいしい」ものなのかという議論は毎年行われている。

2019.12.27  
中国のダブルイレブン(11月11日)は本当に“おいしい”イベントなのか? ~データの裏にある市井の声~

日本においても「1日で6兆円の売上を上げた」とニュースにもなった、毎年11月11日に開催される一大Eコマースイベント「ダブルイレブン(以下W11)」。一見すると、毎年各Eコマースプラットフォームから発表される累計流通総額の大きさは日本でもニュースとなっているが、中国国内ではW11は出品者・消費者双方にとって本当に「おいしい」ものなのかという議論は毎年行われている。
本稿では、W11に関して中国国内に起きはじめたリスクの声を日本の皆様にお伝えしたい。

2019.12.27  
中国のダブルイレブン(11月11日)は本当に“おいしい”イベントなのか? ~データの裏にある市井の声~

日本においても「1日で6兆円の売上を上げた」とニュースにもなった、毎年11月11日に開催される一大Eコマースイベント「ダブルイレブン(以下W11)」。一見すると、毎年各Eコマースプラットフォームから発表される累計流通総額の大きさは日本でもニュースとなっているが、中国国内ではW11は出品者・消費者双方にとって本当に「おいしい」ものなのかという議論は毎年行われている。
本稿では、W11に関して中国国内に起きはじめたリスクの声を日本の皆様にお伝えしたい。

2019.12.9